忍者ブログ

大航海もやっぱり・・な日記

大航海Eurosサーバ、イング国籍、るるうの大航海でおこったことを、記録しています。 現在は冒険してます。
2017/05    04« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たまには真面目な記事も・・・


白兵をしながら、気づいた事のメモ
(基本中の基本な事なのはわかってるんだけど、なんせ初心者なもので・・しかもやはり、どッか抜けてるので、皆が知ってることを知らないっていうことも沢山あって、
こんな事もしらないのかーという突っ込みはしないでねー^^;)

じっくり行かす >防御スキルを使いながら、即拿捕せずに副官(私の場合はニーナ)をつかって積荷強襲をさせる。
でも、征服者のBかCだったか。一回目と二回目のターンの時には銃撃を使ってくるようで、船員が一気に減ってしまう状態を経験した。
一回目と二回目は銃撃をつかってあいこ状態で交わす方がいいのかも。
つぎやった時にしっかり見ておこう~。


白兵スキル上げ目的で白兵戦してる時は、いまいくしてもいいけど。
レアの時はしちゃだめw(昨日やっちゃいましたーwー)


↓は一日目に白兵よくわからないまま、パニックの中でやってて、
疑問に思ったことなのですが。
前回のブログの続きにメモ変わりに書いてたのを消してから、
アップしたつもりだったのになぜか残っててw
それを見た、レアハントを生業とされているフレのPさん(名前出しちゃっていいのかな?)が答えてくれた事です。

二人で一緒に白兵に入っていいのか?   答え いいです
二人で白兵にはいって、混乱になったときはどうすればいいのか。 答え 自力で脱出すればいい
自分を撤退することだけ考えてればいいのか。 答え そうです

Pさんありがとうございます^^(ログどおりじゃないけど、ゆるしてw)

白兵レアハントは基本自分の身は自分で守れということでいいのかな。(もちろん、手の空いてるときは相手の修理。混乱、外科はしますよ~二人とも白兵してる時のことです)
摸擬だと、絶えず修理押し続けて、混乱はすかさず見つけて止めて、
提督がクリを食らわないようにと言う事を考えて動かないといけない
っていう艦隊の一人としての仕事が大事になるので、ちょっと迷ったんですよね^^;



あと、自分がしばらくしなかったら忘れそうな事があるからそのメモ

白兵じゃんけん>突撃→戦術→銃撃→防御→突撃
突撃は戦術に強く、戦術は銃撃に強く、銃撃は防御に強く、防御は突撃に強い。   
(何回も覚えようと思ってるんだけど、必要性がなかったためすぐ忘れまするw)


奇襲の掛け方>  奇襲を持ってる副官を見張りにして戦闘を仕掛けたら奇襲のアイコンがでるのでそこをぽちっと。
PR
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
管理人のみ閲覧

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
るるr
性別:
女性
趣味:
自己紹介:
本人頑張ってるつもりなのですが、なかなか成長できません;;


基本、鈍鈍緩緩な性格なので、のんびりまったりやっております。(鈍鈍緩緩はQさま!で良く出てくる読み方です。覚えましょう。(・∀・)b)

最新CM

[10/14 るるr]
[10/13 Kanata]
[10/06 るるr]
[10/06 ろぶ]
[09/23 るるr]

リンク

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

規約

『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大航海もやっぱり・・な日記 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ
忍者ブログ  / Powered by [PR]